辻 惟雄氏が語る、江戸絵画と若冲。

プライス展の見どころと、若冲の魅力

movie Flash Playerがインストールされていない場合は
お使いの再生ソフトでお楽しみいただけます。

江戸絵画の楽しみ方

movie2 Flash Playerがインストールされていない場合は
お使いの再生ソフトでお楽しみいただけます。

辻 惟雄 氏 (つじ のぶお)

1932年愛知県生まれ。東京大学大学院修了。東京国立文化財研究所、東北大学教授、東京大学教授、国立国際日本文化研究センター教授、千葉市美術館館長、多摩美術大学学長などを歴任。現在は、東京大学・多摩美術大学名誉教授、MIHO MUSEUM館長。
おもな著書に、『奇想の系譜』(美術出版社1970年)、『若冲』(東京美術1974年)、『日本美術の表情』(角川書店1986年)、『奇想の図譜』(平凡社1989年)、『日本美術の歴史』(東大出版会2005年)などがある。
専門は日本の中・近世絵画史で、伊藤若冲をはじめとする「奇想派」画家研究の第一人者でもある。現在刊行中の『日本美術全集』(小学館)の総監修者で、『芸術新潮』に自伝「奇想の発見 ある美術史家の回想」を連載中。

辻 惟雄